読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修復できないハードウェアの問題

ここ2年ほど不調が続いていた、うちのiMac(Mid 2010)。メモリを増設したり不要なアプリケーションを削除したりして対策してきたものの、全体的な動作がのろくさいのは変わらなかった。今年に入ってからは、日本語入力するたびに虹色の玉が回転してフリーズするようになって、まともに使えなくなってきた。

OSを再インストールすることも考えたが、調べてみると結構リスクが高そうだった。失敗したら、修復するスキルは自分にはない。さんざん悩んだ末、新しいMacを買うことにした。
Apple Storeで、古き良きMacBook Airを注文。さて、データを移動する準備でもしておくかと、iMacのバックアップに取りかかった。外付けハードディスクをつないで、データのコピーを開始。
ところが、コピー中にエラーが発生してしまった。大きなデータをコピーできないようだ。Time Machineバックアップもエラーになる。再起動してもダメ。それどころか、何度もコピーを再試行するうちに転送速度がどんどん遅くなってきた。
原因を調べようとネットで検索してみると、すぐに「ハードディスクに問題があるとTime Machineバックアップが失敗することがある」という不吉な記述を見つけた。えー?
ディスクユーティリティーでハードディスクをチェックしてみると…
 
「修復できないハードウェアの問題が見つかりました。できるだけ多くのデータのバックアップを作成してからディスクを交換してください。」
 
えー。もう遅いよ…。
数週間前のTime Machineバックアップがあるので、ほとんどのデータは無事なはずだが、ちゃんと復元できるかどうか、新しいMacが届くまでは確認できない。不安だ。早く来い、MacBook Air
 
f:id:charlie22:20150516175846j:image
引き出し君も心配しています(しかしキーボード汚い…)。
それにしても、OSの再インストールをやらなくて良かった。やってたら確実に失敗していた((((;゚Д゚)))))))