読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

登山靴

新しいMacが届いたので、ようやく記事を書く。

5/17、日曜日。新しい登山靴のテストを兼ねて、六甲山に登った。せっかく新調した靴だったが、膝を痛めたせいで、1か月以上部屋に飾っていた。念願の試し登り。 

f:id:charlie22:20150517114051j:plain

今まで使っていた、底の柔らかいトレッキングシューズに限界を感じて、底の硬い登山靴を買ってみた。サイズ24cmなので、いつも通り女性向けモデルしか選べず、おっさんが履いても違和感がないデザインだと、ほとんど選択肢がなかった。

アルプス縦走もOK!」とショップの兄さんが保証していたとおり、しっかりとした作りで、岩場での安定感・足首が保持されている安心感ははっきりと感じた。グリップ性も高く、六甲山の脆い砂地の道でもほとんど滑らない。ただ、硬い靴底は歩行の衝撃がダイレクトに来るので、膝には悪そうだ。あと、うっかり拳大の石を踏んでしまうと、靴底に柔軟性がないので足首をぐねりそうになる。これは慣れるしかないのか。

f:id:charlie22:20150517093126j:plain

f:id:charlie22:20150517092759j:plain

f:id:charlie22:20150517102937j:plain

10kmばかりの山道、久しぶりに歩くときつかった。下り道で筋肉痛が限界に達し、トレッキングポールにすがりついて歩く有様。

有馬で下山し、温泉に入ったあと、商店街のはずれの酒屋でビールを立ち飲みした。心地よい疲労感。

f:id:charlie22:20150524225031j:plain