読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ修理

日常

先月末のある日、503HWの動作がおかしいことに気が付いた。

 f:id:charlie22:20160320224833j:image

友達と飲んでいたとき、503HWでGoogleフォトを起動して友達に写真を見せた。友達は503HWを90度回して、横長の写真を横向きで表示しようとした。が、なぜか画面が回転しなかった。そのときは、うっかり画面を回転しない設定にしていたんだろうと思った。

後日、503HWを横向きにして写真を撮っても、横長の写真が撮れないことに気が付いた。横に寝た縦長の写真が撮れるだけ。これは画面の回転とは関係ない。あれこれ設定を調べてみたが、それらしい設定は見つからなかった。

上下方向を検知するセンサーが壊れているのだろうか。まあ、携帯電話・スマートフォンとしての機能性にはさほど影響しないだろう。このまま放置しておくか。

……とも思ったが、買ったばかりなのにすぐ壊れたのが、なんか悔しい。それに、契約のときに入らされた「故障安心パックプラス」をまだ解約していないから、初期不良でなくても無料で修理できるはず。ということで、最寄りのY!mobileショップに向かった。

ショップのお姉さんがサービスセンターの人と電話で話し合いながら、いろいろと試行錯誤してくれたが、やはり正常に動かない。最後の手段として、バックアップを取ってから端末を初期化してみてくれと言われ、その日は帰った。

翌日、SDカードにデータをバックアップして、初期化を実行してみた。結果は、同じ。画面は回転しない。

ショップに電話をかけて結果を伝えると、修理を依頼することになった。しかし、そのショップでは代替機がすべて使用中で、貸し出せないという。後で調べてみると、Y!mobileのSIMカードは、特定の機種でしか使えないように制限がかけられているらしい。代替機も、何でも良いとは限らないのだ。503HWは人気機種だから、対応する代替機も払底しているんだろう。

そこで、最初に503HWを購入した家電量販店にクルマで行った。聞いてみると、修理は受け付けるが、代替機は提供できないという。修理には平均で2週間ほどかかり、その間は携帯を使えなくなる。

他のY!mobileショップに行くという選択もあったが、代替機がない可能性が高いのは同じだ。それに、このあたりには駐車場があるY!mobileショップがないから、いったん家に帰って出直す必要がある。

まあ、2週間ぐらい携帯がなくてもいいだろ。そのまま、503HWを預けて帰ったのだった。

普段、肌身離さず持ち歩いているスマートフォンを置いて帰るのは、変な感じだった。なんとなく心細い一方で、身軽になって解放されたような高揚感もあった。携帯電話を持たない生活は何年ぶりだろう。初めてPHSを持ったのが1997年だから、19年ぶりか。

結局、修理は1週間で終わり、昨日受け取ることができた。診断結果は「フロントケースの機能不良」で部品交換、修理代金は0円だった。

修理に出している間、待ち合わせの予定や出先で連絡を取る必要がなかったので、特に困ることはなかった。スマホでゲームはしないので、暇をもてあまして難儀することもなかった。SNSのチェックは、家に帰ればMacタブレットでできる。

携帯いらんのではないか、と少し思った。

でも、何かこちらから連絡しなきゃならない事態になったら、確実に困っていた。公衆電話を探しても、ほとんど見つからなかったし。よく考えたら、電話帳も携帯の中にしかない。SNSのチェックも、家にWifiがあるからできるのであって、なければスマホに頼るしかない。

今の便利な生活を続ける以上、スマートフォンは「生活必需品」なのだろう。まぁ、たまに家に忘れて外出するくらいなら、良いかな。