読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四阿山

10月15日、土曜日。久しぶりに、予定のない休日と晴天が重なった。

朝6時に起きてカーテンを開けると、雲一つない空。気温もそれほど寒くなさそうだ。山登りかバイクツーリングか迷ったが、仕事でじっと座り続ける生活にストレスがたまっていたので、とりあえず思い切り歩くことにした。

ばたばたと準備して、クルマで出発。菅平牧場に向かう。

菅平牧場からは、根子岳(ねこだけ)と四阿山(あずまやさん)の登山口にアクセスできる。さて、どちらに登るか。と、クルマを運転しながら考えた。根子岳は「花の百名山」として名高いらしいが、今は当然なにも咲いていない。ただ、2時間で登れる。四阿山は本家「百名山」だが、コースタイムは3時間。今の自分の体力では、ちょっときついかもしれない。

登山口に着いたのは、9時過ぎ。時間的には、四阿山でも行けそうだ。登山者の様子をうかがってみると、普通の親子連れも四阿山の登山口に向かっている。よし、思い切って行ってみよう。9時半、登り始め。 

f:id:charlie22:20161015094930j:plain

白樺林の中を歩く。紅葉は、まだまだだなぁ。途中、小さな沢を渡った。丸木橋が壊れていて、徒渉しなければならないのだが、飛び石の1つが2cmほど水没していた。ヌルッと滑りそうで、足を踏み入れるのに勇気がいった(実際はざらっとしていた)。

白樺の林を抜けると、本格的な登りが始まった。予想してたとおり、キツい。最初のピークである小四阿(こあずま)まで、1時間ちょいで300mの標高差だった。すでに半分以上のエネルギーを使った感じがしたが、頂上まではあと400m登らなきゃならない。次の中四阿(なかあずま)のピークで引き返そうかと、真剣に考え始めた。

f:id:charlie22:20161015103949j:plain

しかし、中四阿まで案外早く着いて、最後まで行けそうな気がしてきた。それに、苦労して登ってきた割には、中四阿は達成感のある雰囲気の場所ではなかった。眺めは良かったけど。

f:id:charlie22:20161015111219j:plain

 

そのままの勢いで最後のピークに向けて歩き始めたが、ここからまた厳しい登り。勢いだけで黙々と歩き続けた。

f:id:charlie22:20161015120653j:plain

12時過ぎ、標高2354mの山頂に到着。標高差769m、移動距離はそれほどなかったものの、ここ数年で一番キツい山登りだった。

f:id:charlie22:20161015125823j:plain

山頂にはたくさんの人がいて、お弁当を食べていた。自分も岩に腰を下ろして、浅間山八ヶ岳を遠くに眺めながらおにぎりを食べた(富士山は見えなかった)。

f:id:charlie22:20161015125740j:plain

f:id:charlie22:20161015121432j:plain

 

浅間山の火口から吹き出す噴煙がよく見えて、面白かった。

f:id:charlie22:20161015124027j:plain

 

13時過ぎ、下山開始。尾根伝いに根子岳の山頂を目指すこともできたが、一度下ってから、かなりの高さを登り返す必要があったので、今回はやめておいた。もう脚が持たない。

下山もキツかった。下りているのに息が上がり、脚が動かなくなってくる。足下がおぼつかなくなって、何度も休憩を入れてしまった。

f:id:charlie22:20161015132210j:plain

 

下りの途中で、奇妙な体験をした。

中四阿のピークを過ぎたところで、いったん小休止した。ここのピークは高さ10mほどの尖った岩山になっているが、険しくて危険なので、登山道は岩山を迂回した巻き道になっている。この岩山から20mくらい離れた場所でザックを置いて、根子岳の山頂を写真に撮った(下の写真)。

f:id:charlie22:20161015134606j:plain

四阿山から根子岳の山頂に向かう場合、この右側の尾根を登ることになる。ここから見ると、けっこうな距離と標高差がありそうだった。欲を出してあっちに行かなくてよかった、と思った。

そのとき、岩山のピークの方から、女の人の声が聞こえた。「またあんなに登るなんて、ねぇ?」。自分と同じことを考えている人がいるんだなと思って振り向くと、誰もいなかった。

しばらくすると、岩山の脇の登山道から1人の女性登山者が現れた。その人の後には、誰も来なかった。自分はすぐにその場を立ち去った。

落ち着かない感じがした。あの女性はずっと一人で行動していたし、あんなに大きな独り言をしゃべるような感じにも見えなかった。いや、あれは明らかに相手がいることを前提とした話し方だった。

山で幻聴を聞く話はよく聞くが、あれがそうなのだろうか…

15時15分、下山。菅平牧場のソフトクリームを食べた。日差しが強くて、暑いくらいだった。

https://www.instagram.com/p/BLkt2avBFdX/