Three body problem

曇天・曇天・また曇天。太陽が見えない日々。

気温も低くて、長袖を着る始末。夏はどこに行ったんだろうかと嘆いていたら、太陽が出てこないまま蒸し暑さだけが増してきた。嫌な夏の感じ方だ。

今日ようやく、週間天気予報に晴れマークが出てきた。来週から、いきなり真夏が始まりそうだ。

 

先週、読んだ本。

三体

三体

 

数年前から「中国にSF超大作が出現した」と話題になっていた作品。英訳されて米国で出版されるや、世界で最も権威のあるSF文学賞ヒューゴー賞」を獲得した。そんなすごい作品が、なぜか日本では翻訳されておらず、もどかしい思いをしていたのだけど、ようやく早川書房から出版された。

僕が吉祥寺のジュンク堂で手に入れたときには、平置き台に2冊しか残っていなかった。飛ぶように売れているらしく、各書店のランキングでも上位に食い込んでいる。海外SF小説としては異例の大ヒットだろう。

内容は、近未来の中国を舞台にしたファーストコンタクトもの。文化大革命の暗い歴史を背景にしながら、宇宙規模の壮大なストーリーが展開される。次々と起こる奇想天外な事件から、意外な真相が浮かび上がり、最後には途方もないスケールの真実が明らかになる。

ストーリーも非常に面白いのだけど、登場人物の心理を丁寧に描いていたり、自然の風景を詩的に描写したりしているのが魅力的だった。作者のインタビューによると、小松左京の影響を強く受けているとのこと。たしかに、人間くさい登場人物がたくさん出てくるのは小松左京っぽい。

詩的な自然描写には、中国の伝統を感じた。表現のやり方が、英米文学とも日本文学とも違っている。翻訳でどの程度変わっているのかわからないけど、「中国的」と言われれば納得できるような感じ。昔読んだ武侠小説をちょっと思い出した。

主人公(北京在住の男性科学者)の考え方や価値観も、日本人とはだいぶ違うように思う。たとえば「社会階級」の存在を当たり前のものととらえる意識。エリートである彼は、下層階級の人々と一切交わらず、距離を置いている。ちょっと違和感がある。ただ、小説にはそうした人々も別のパートで登場するので、作者自身はそうではないのだろう。個人的には、現代中国のエリート層の生活を垣間見るような感じが面白かった。

現在、アメリカではこの作品を連続ドラマとして映像化する企画が進められているらしい。あのシーンやこのシーンはどう映像化するのだろう……楽しみだ。アメリカ人が中国人社会をどう描くのかも興味がある。

続編は、来年翻訳されるとのこと。また、首を長くして待つことになりそうだ。

Long live the King!

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観に行った。

godzilla-movie.jp

もともと、前作の評判が良くなかったので、この映画もあまり期待していなかった。しかし、Twitterで目にするのは絶賛の声ばかり。だんだん気になってきた。

でも前作を見てないしなぁ。と、思っていたらAmazonプライムビデオの無料映画になっていた。先週、実家に帰ったときにiPadで視聴。そして昨日、劇場に足を運んだ。

 

せっかくなので、ゴジラ映画にふさわしい映画館に。

f:id:charlie22:20190622152534j:plain

TOHOシネマズ日比谷

朝、ネットで座席を予約してから出発。うちからだと電車で1時間かかってしまうが、久しぶりの映画なので立派な劇場で見たかった。ここは、東宝が誇る最新鋭のシネマコンプレックス。ゆったりとしたロビーの窓に、日比谷公園の緑が映えて、気持ちよいのだ。

ただ、公開日から日にちが経っているせいか、小さいシアターでの上演だった。ちと残念。でも席は満席になっていた。

前作は、肝心のゴジラのバトルシーンが地味すぎたのが不満だった。iPadで見ていると画面が暗すぎて、何が起きているのか皆目わからず。でも今作は、そんな不満を吹き飛ばすがごとく、ゴジラキングギドラが暴れまくる。

特に最終決戦に臨むときのゴジラは、ヤクザ映画で抗争相手の組事務所に単身殴り込みをかける組長のような(?)凶悪な迫力があり、非常にかっこよかった。思わずゴジラに声援を送りたくなる。スカッとするバトルだった。

個人的には、「ゲーム・オブ・スローンズ」でタイウィン・ラニスターを演じていた人が登場したのが嬉しかった(ラニスター家の人々は結構好きなのだ)。というか、キャラ設定が似ていたので、同一人物に思えて仕方がなかった。あなたが「Long live the king!」と言うかと、ちょっとおかしかった。

そういえば、気になったのが「Long live the king!」の訳。字幕では、「king」を直接的に「王」「キング」などと表さずに、なぜだか妙にぼかした感じに訳していた。日本の政治的な状況に配慮したのだろうか(だとしたら嫌だな)。

久しぶりの映画鑑賞は、かなりの満足だった。すでに製作が決まっている続編の想像をふくらませながら、大雨の中、電車で帰った。

しかし、往復2時間の電車と2時間半の映画で座りっぱなしだったせいか、翌朝、腰が痛くなってしまった。情けない……

僕が暮らさなかった町

TSUTAYAで、前から気になっていた漫画を借りた。

 2005年に連載開始、2010年にはアニメ化され、2013年にはメディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したという大ヒット作ながら、僕は去年まで存在を知らなかった。もう連載も完結しているので、世間的には忘れられつつあるのかもしれない。あえて今、読み始めてみるのも一興か……と、偉そうなことを考えながらコミックスを数冊借りてみた。

ジャンルもよく知らないまま読み始める。内容は、東京の人情味あふれる商店街を舞台に、ヒロインの女子高生が騒動を繰り広げるという、日常系ギャグマンガだった。ヒロインが商店街の地味な喫茶店でメイドの格好をしてバイトしていることを除けば、設定に突飛な点はなくて、オーソドックスな1話完結型のお話が続く。

普通に面白く読めるが、僕的には、ギャグがあまり響いてこなかった……

ただ、1巻の「あとがき」に気になる情報が書いてあった。この作品の舞台のモデルになった商店街が東京に実在していて、作者自身がそこに暮らしていたと。

僕は作中の商店街の名前(架空)を見て、すぐにわかった。一時期、そこに引っ越すつもりで部屋探しをしていたからだ。

多摩川沿いのこの地域は、ごちゃごちゃした町並みながら、のんびりした空気が漂っていて、ちょっと散歩しただけでも居心地の良さを感じられる、良いところだった。夕方になると豆腐屋がやってきて、表に出てきた奥さんたちが世間話を始める。多摩川の土手を学校帰りの高校生がそぞろ歩き、その向こうに大きな夕日が沈む。

家賃が安かったのも、大きな魅力だった。この漫画の連載が始まる5年前の話だ。

本格的に不動産屋巡りをしようとしていたそのとき、会社が埼玉に移転してしまったので、この町に住むことは叶わなかった。もしここに引っ越していたら、どうなっていただろう。漫画を読みながら、そんな妄想をしていた。漫画のなかで描かれているような、面白くて愉快な日常を送れたかも(可能性はゼロではない!)。

今の人生が面白くも愉快でもない、わけでもないが、違う人生を想像してみたくなる自分がいる。

「絶えず幸福になろうとしている状態にあるかぎり、われわれはけっして幸福になることがない」と書いたのはパスカル先生だけど、まあ、そういうことなのだろう。

続きが気になるので、ちょっとずつ借りて読んでみよう。

リターン・オブ・ザ「本格」

しばらく前の週末。部屋の掃除をした後、息抜きにiPadで漫画でも読むかと「少年ジャンプ+」を開いたら(ジャンプだけでなく無料漫画もたくさん読めるアプリ)、『屍人荘の殺人』のコミカライズ連載が始まっていた。そういえば聞いたことがある……去年話題になった「本格」ミステリのはずだ。まったくの新人のデビュー作なのに、名だたるミステリ大賞を総ナメにしたという話だった。

興味を惹かれて、早速第1話を読んでみた。無料だし。(↓こちらはWeb版)

shonenjumpplus.com

……なるほど、これは斬新!「外界から閉ざされた館の中で連続殺人が起こる」という手垢にまみれたプロットを、こんな発想で生まれ変わらせるとは。

そうなると続きが気になってたまらなくなり、すぐさま原作の電子書籍を注文してダウンロードしてしまった。 

屍人荘の殺人

屍人荘の殺人

 

面白そう、という以外にも、気になった点がもう一つあった。漫画に描かれている、主人公の通う大学が、どうも僕の母校に思えて仕方がなかったのだ。大学の名前が「神紅(しんこう)」大学であるとか、登場人物のひとりが「小倉山」の医学部キャンパスに通っているとか(母校の医学部は「大倉山」にある)。世間ではあまりぱっとしない大学なので、小説で取り上げられていたら少し嬉しいかもと期待していた。

読んでみると、ただ単に設定が斬新なだけではなかった。その設定を生かした「仕掛け」がストーリーの進行にスピード感と緊張感を与えて、シンプルでわかりやすい面白さを生んでいた。ちょっとゲームシナリオ的な感じがして新鮮だった。

加えて、エンタメ小説としても、とてもよくできている。何より、登場人物の動機付けがしっかりとしているのが良い。なぜ名探偵が推理するのか、なぜ探偵助手(主人公)がそれに協力するのか、そして犯人がなぜ殺人を犯すのか(これはもちろん最後までわからない)。雰囲気で流すのではなく、はっきり描かれているからわかりやすいのだ。あと、専門的なトピックには必ず解説が(自然な形で)挿入されるのが親切。さらに、連続殺人ミステリにつきものの登場人物の多さをカバーする、面白い仕掛けも用意されている。とにかく配慮が行き届いている。

大胆にも「本格」を宣言しつつ、ミステリマニアではない読者も意識して、一流のエンタメ小説に仕上げてしまった作者は、本当に新人なんだろうか。感心してしまった。ちゃんと続編を意識した結末になっているのもすごい。単行本価格の電子書籍を買ったのは初めてだったけど、損はしなかったと思う。

もっとも、残念なことに作者のプロフィールを見る限りでは母校にゆかりのある人ではなさそうだった。その点はまだ気になる。本当のところ、どうなんだろう。

続編は、もう少し余韻を楽しんでから買ってみようと思う。

野球観戦

5月25日。友達に誘われて、「東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズ」の試合を見に行った。おりしも、ヤクルトが悪夢の連敗街道をひた走っているさなか。ファンではない自分としても微妙な気分で神宮球場に向かった。

天気は快晴、風も気持ちよい。不眠症による寝不足がピークで、頭がモーローとしていたが、気候の爽やかさで気分が良くなった。

誘ってくれた友達がファンクラブの会員で、全員分(4人)のチケットを押さえてくれた。送られてきたQRコードiPhoneの画面に表示して、球場入口の端末をかざすと、チケットが発券された。これは便利なしくみだ。

ナイター観戦ということで、帽子を持たずに出かけたのだけど、ちょうど日が長い時期。試合開始1時間前の17時、外野スタンドに出ると、猛烈な西日が真正面から照りつけていた。

f:id:charlie22:20190525174321j:plain

暑すぎるし、まぶしすぎる。たまらず、帽子を買うことにした。これも記念だ。いったん球場の外に出て、ヤクルトグッズの売店でチームロゴ入りキャップを買った。生まれ育った環境から阪神ファンになってしまった僕だが、そんなに熱心に応援しているわけではないし、今の地元である東京のチームのグッズを持っていてもバチは当たらないだろう。

遅れて現れた主催者の友達は、レプリカユニフォームに身を固めたガチ応援スタイル。普通の格好で来た他の3人にも、チームシャツを配ってくれた。

でっかいタンクを背負った売り子のお姉さんからビールを買って、皆で乾杯。試合が始まった。

f:id:charlie22:20190525175945j:plain

1回裏から青木のホームランが飛び出す展開で、なかなか楽しかったが、中日の打撃陣も好調で、すぐに点を取り返される。ヤクルトも反撃したが、点になるのはソロホームランだけで、連打が出ない。そのうちピッチャーが打ち込まれて、最後は満塁から長打を浴びて大量失点。連敗記録が1つ伸びた。

これだけ負けが込んで、試合でも相手にやられ放題なのに、ヤクルトファンはヤジも飛ばさず、「まぁしょうがないね」的な、淡々とした雰囲気だった。チャンスで一打が出なくても、がっかりするだけで、怒り出す人はいない。おかげで、僕のような部外者も安心して楽しむことができた。

f:id:charlie22:20190525191000j:plain

 

一方、中日ファンの応援は迫力があった。三塁側スタンドを青く染めて、野太い歌声を球場全体に響かせていた。東京在住の中日ファンが集結しているから、熱心な人が多いのだろう。

阪神が来たら、もっとすごそうだ。この友達がヤクルトvs阪神の試合に誘ってくれたら喜んで行くと思うが、ヤクルトの応援団の中で微妙な気分で観戦することになりそう……

閉塞するもの

絶不調で使い物にならなかったMacBook Airが、なぜかこのところ調子が良い。前はスリープすると50%くらいの確率でクラッシュしていたが、それがほとんどなくなった。理由は謎。正直、買い換えは経済的負担がつらかったので、うれしい。

そういえば、今使っているテレビでも同じようなことがあった。もう電気屋から消えたHDD内蔵テレビ「Wooo」。簡単に録画ができて重宝していたのだけど、あるとき、急に録画機能が使えなくなった。いくら試しても、録画を開始するとすぐに停止してしまう。仕方なく、HDDレコーダーを別に購入して使っていた。それから2年ほど経ったある日、リモコンを手探りで操作していたら、間違えて録画ボタンを押してしまった。すると、何事もなかったかのように録画が始まった。以来、普通に録画機能を使えるようになった。

何だろう。機械も寝かせておくと勝手に直るのだろうか。

 

さて、相変わらず漫画を読んでいる。 

TSUTAYAで既刊7冊を借りてきて、休日にカフェに持ち込んで一気に読んだら、がっつりはまった。これは!と思って、全巻買いそろえてしまった。

実はこの作品、第1話だけ読んだことがあった。人気作家が満を持して放つ新連載、ということで読んでみたのだけど、巨大なUFOが浮遊する東京で、サブカル系女子高生がいつもと変わらない日常を送る……という、ふわふわした漫画のように思えて、あまり惹かれなかった。

しかし、読み進めていくと、ただのふわふわ漫画ではないことがわかってくる。もう露骨に、3.11以降の東京・日本の有り様を批判的に描いた作品なのだ。

「侵略者」の巨大UFO「母艦」に対する核攻撃によって東京都心は汚染され、半壊したUFOはコントロールを失って東京上空を漂い続ける。日本政府は「侵略者」の情報を隠蔽、独占し、危険な外敵への防衛力強化を建前にして軍備拡張に突っ走る。

東京の空を覆うUFOは、巨大な鍋蓋のような形をしている。本当にストレートに、今の日本人が感じている閉塞感を表現している。ちょっとストレートすぎるけど、この今の日本の、頭の上を塞がれたような重苦しい空気が、よく表されていると思う。空が見えない感じ。

救いなのは、描かれている女の子たちが元気で健気で、かわいいこと。

まっすぐ成長していく若者たちと、自分なりの正義を信じて生きる大人たちと。そこに描かれている現実は過酷だけど、読んでいて嫌な気持ちになることがない。爽やかな作品だと思う。続きが楽しみだ。

ただ、タイトルだけはなんとかならなかったのか……とても覚えられない!

 

MTジムニーに乗りたくなる漫画

令和初日から休日出勤だったが、今日からまた休み。

朝、クルマを1時間走らせて散髪に行った。「短い方がいいっすよ絶対」と勧められたので、「じゃあ」と言ってお任せしたら、頭の両サイドがすごく涼しい感じに。鏡の中の頭が見慣れない。

まだ昼前だったので、横浜まで足を伸ばすことにした。超、久しぶりに「そごう横浜店」へ。前回来たときは、周りが空き地だらけだったような気がするが、いつだろう?20年前かな?(@_@)

買い物を終えて、飯でも食うかと外に出たら、人がいっぱい。カフェやレストランには長い行列、座る場所もない。暑いし、疲れたので、すぐ帰ることにした。第三京浜で(これも久しぶり)川崎まで戻り、いつも行くファミレスへ。

ランチには遅い時間ながら、店内は混み合っていた。ゴールデンウィークだなぁ。ささっとカレーを食べて腹を満たすと、数日前にTSUTAYAで借りた漫画を読み始めた。 

 

入江亜季さんの漫画は、昔、漫画好きの友達に貸してもらって読んだことがあった。美しい絵と、独特な価値観に基づくストーリーが印象的だった。この新作も書店で見かけて気になっていたので、TSUTAYAで第3巻まで借りてみた。

内容は……日本を飛び出してアイスランドで暮らすイケメン青年が主人公。生まれつきの神秘的な能力を使って「探偵業」を営む彼と、彼を取り巻くアイスランド人たちと、アイスランドの自然を描いている。青春ミステリーと、アイスランドの観光案内が入り交じったような、不思議な漫画。

ストーリーもなかなか面白いのだけど、やはり絵が魅力的だと思う。ペンと墨とスクリーントーンを駆使し、技巧の限りを尽くして描かれた背景は、見ていて飽きない。荒涼として美しいアイスランド大自然、そしてイケメンと美女。なんか、空気感が心地よいのだ。

それにしても、主人公が完璧男子で、出てくる女性たちも美女ばかりなのは、女性向け漫画?だからか。あまり読んだことがないので違和感。まぁ、美女は嬉しいけれども。

これなら、買ってもよいかな。