テンカラ

小学3年生くらいだろうか、初めて釣りをしたのは。

父親の田舎に遊びに行ったとき、親戚の従兄弟だか誰かと、用水路で釣りをした。貸してもらったのは素朴な竹の竿。テグスの先に針を付けただけの仕掛けを用水路に垂らすと(エサを付けたと思う)、すぐに釣れた。と言っても、2cmくらいの小魚。ばんばん釣れた。小さすぎて手応えはまるでなかったが、「面白い」と感じた。

しかし、残念ながら私の釣り体験はそれで終わりだった。父親が釣りをしなかったからだ。なぜか一度だけ、近所の川にフナ釣りに連れて行ってくれたことがあったが、半日川に糸を垂らしただけで、何も釣れなかった。そして二度と行くことはなかった。非常に飽きっぽい人なので、やる気がなくなったのだろう。

大人になって、バイクで野山を走るようになると、また釣りに興味が出てきた。山奥の渓流で竿を振る釣り人が、かっこよく見えたのだ。でも、まったく経験がないのでやり方がわからない。何から手を付けたら良いのか、わからない。釣り教室とかないのか?と探してみたが、子供向け教室ばかりだった。ど素人の大人に教えてくれそうな場は見つからなかった。

ところがつい先日、Facebookで、良いイベントが見つかった。毛鉤を使う日本伝統の釣り「テンカラ釣り」を、初歩の初歩から教えてくれるという。

長野県の奥地・小谷村で1泊2日という日程は少しハードルが高かったが、思い切って参加することにした。

 

白馬から、糸魚川街道を北上。山と川に挟まれた国道を走り続け、新潟県との県境近くで山に分け入ると、小さな集落に出た。そこにある農業体験施設が、今回の釣り教室の会場だった。古民家をリノベーションした木造建築で、特産の「とち餅」の製造工場を兼ねている。一階が多目的スペース、二階が宿泊スペース。土間を吹き抜ける風が心地よく、居心地の良い建物だった。

集まった受講者は、4人。東京方面から2人来ていたのには驚いた。あとは、新潟市から1人、そして私。

最初の自己紹介で、釣り素人は自分だけと判明(おぉ?)。素人は素人なりに挑戦するしかない。

最初は座学で基本的な知識を学んだ後、自分で使う「仕掛け」を作ってみる。と言ってもテンカラの仕掛けは簡単で、竿と同じ長さの糸(ライン)に、30cmくらいの細い糸(ハリス)をつなぎ、その先に毛鉤をつけるだけ。子供の頃の用水路の釣りと、大して変わらないくらいシンプル。素人にとっては、道具に気を遣う必要が少なくて済むのはメリットだと思う。

しかし、細かい作業がつきものなのが釣り。毛鉤とハリス、ハリスとライン、ラインと竿をつなぐには「二重投げ縄結び」が必要なのだが、これに苦戦した。何度教わっても、やり方がよくわからない。お手本を見せてもらっても、指で押さえながら結ぶので肝心なところが見えない。そもそも、ナイロンの硬く細い糸で小さな結び目を作るのは簡単なことではない。「イーッ!」と切れたくなるのをこらえつつ、他の人の倍の時間をかけて、なんとか出来上がった。

渓流に出るのは翌日の予定だったが、まずは近くの川で練習。

振り出し式の竿を伸ばし、先端に糸をつないで、セット完了。教えられたとおりに竿を構え、川に向かって振る。狙った場所に毛鉤が落ちて、少し流れたら、すぐに引き上げて、また竿を振る。投げては引き、引いては投げ、トライアンドエラーを短い周期で繰り返すのがテンカラ釣りの特徴らしい。

今回お借りした竿。大変高価と聞いたので、折らないように慎重に扱った。

f:id:charlie22:20170722162426j:plain

オモリ的なものが付いていない軽い糸は、まず真っ直ぐ飛ばすのが難しいのだけど、それ以上に困ったのは、どこに飛んだのかわからなくなることだった。大きさ1cmほどの地味な毛鉤が見えないのは当然だが、見やすいはずのピンク色の糸もすぐ見失ってしまう。これは想定外だった。目が良くないと、釣りはできないのか?

しばらく続けていると少しは見えるようになったが、場所によってはかなり見づらい。これは慣れでなんとかなるのだろうか。目印でも付けたいな……。

10分もしないうちに、腕が異様に疲れてきた。

だんだん空しさが頭の中に立ちこめてきた。魚の気配はまったく感じられず、ただひたすらに川に向けて糸を振り続けているオレは、一体何をやっているのか。なぜここにいるのか。なぜ来てしまったのか。帰りたい。

ふと、懐かしい感じがした。これは、まったく新しいことに挑戦して壁にぶつかっているときの感覚だ(そのまんまだけど)。久しく、なかった感覚だな。

気付かないうちに振りが雑になってきて、先生の指導を受けた。竿がブレるときは、左手を竿の尻に添えるとしっかり支えられるよ、と教えてもらう。格好は悪いが、握力のない自分にはこのスタイルの方が良いかもしれない。

1時間ほどで、練習は終了。結局、誰も釣れなかった。夕食の前に、皆で近くの共同浴場的な温泉に行った。ここが源泉掛け流しで、とても良い温泉だった。お客さんは同じ集落の人ばかりで、村の集会所状態だった。

夜。ここの畑で採れた夏野菜をたっぷり使った、家庭的な料理をいただいた。東京から来た人が「ひさしぶりに人間らしい食事をした」と言っていたけど、わかる気がした。すべての食材に存在感があって、「食べている」感じがするのだ。それに、たくさんの人と座卓を囲んで食事するのも、自分にとっては久しぶりだった。

食後は、毛鉤づくり教室。明日は自分で作った毛鉤で釣りをするのだ。

f:id:charlie22:20170722200747j:plain

基本的には、タイイングバイスというクランプのような器具に釣り鉤を固定して、糸や羽を巻き付けていくという作業。釣り鉤が小さいので、実質的な作業範囲は5mmほど。超、細かい作業が求められる。

芸術品のように美しいフライフィッシング用の毛鉤と比べると、テンカラ釣りで使う毛鉤はずっと地味でシンプルだ。でも、それなりに手間はかかる。マンツーマン指導を受けながら、1本「巻く」のに30分くらいかかった。巻き終わると、目がしょぼしょぼ、肩がカチカチ。こんなんやってられん、完成品を買おう……と思ったが、買うと結構高価らしい。すぐになくなる消耗品なので(自分も最初の練習中に、流木に引っかけて1本なくした)、自分で作らないと経済的に厳しいと、テンカラ歴1年の参加者が語っていた。

2本目。コンタクトを外してメガネに変えたら細かい部分が見やすくなり、作業が楽になった。3本目を巻き終える頃には、この作業自体に面白みが感じられてきた。これで魚が釣れたら楽しいだろうな。

f:id:charlie22:20170722205818j:plain

翌日、やる気のある人は朝食前に釣りに行こうという話になったが、自分はスルーするつもりだった。5時に起きて5時15分に出発するのは無理だ。

夜、激しい雨が降った。田舎の雨は森の匂いがして、心地よい。寝床の中で、明日の天気はどうなるのだろうと考えていた。意外と蒸し暑くて、よく眠れなかった。

朝5時、天気は小雨。他の人が起き出したので、結局自分も起床した。行くかどうか迷ったが、自分以外の全員が身支度を始めたので、自分も慌てて支度をした。頭の半分が寝た状態で、出発。昨日と同じ近所の川へ。

前夜、それなりに雨が降った割には、川は濁っていなかった。風もない。なかなか、良いコンディションらしい。カッパを着て釣り開始。

前日よりは、思った場所に毛鉤を投げられるようになった。しかし、相変わらず魚の気配を感じない。本当にいるのだろうかと疑問を覚えつつ、川面の下で動く魚を想像しながら、竿を振り続ける。

だんだん雨が強くなってきたので、1時間もたたないうちに終了。聞くと、先生は釣り上げる寸前で逃してしまったとか。参加者の1人も、一度、魚がかかった感触があったらしい。見えないだけで、いたんだな、魚。

宿に戻って、ご飯とお味噌汁と野菜中心のおかずという「人間らしい」朝食をいただいた。

それからも本降りの雨は降り止まず、結局、渓流に出かけるのは中止となった。早朝、無理矢理にでも出かけてよかったな(昼過ぎ、帰りがけに川をのぞいたら、もの凄い濁流になっていた)。またまた、毛鉤教室を続行。サカサケバリ、などを制作した。

f:id:charlie22:20170723085434j:plain

雨天中止を不憫に思った施設の人が、おやつを作ってくれた。というか、おやつ作りイベントを開催してくれた。

前年の秋に収穫した「山ぐるみ(オニグルミ)」を割り、中から身をほじり出す。栽培されているクルミと違って身が少ししか入っていないので、かなり手間がかかる。取り出した身をすり鉢で潰し、粉状になったら、水と砂糖(塩少々)を加えながらさらにすりつぶし、クリーム状にする。

f:id:charlie22:20170723094102j:plain

f:id:charlie22:20170723100033j:plain

こちらの施設で作ったという「とち餅」を炭火で焼き、先ほど作ったくるみクリームを付けていただく。100%オーガニックなおやつ!(かじりかけの写真で失礼)

f:id:charlie22:20170723102819j:plain

コーヒーを飲みながらのんびりおしゃべりしているうちに、お昼になった。正直、あまりおなかは空いていなかったが、せっかく昼食を用意してくれたので、いただくことになった。夏野菜たっぷりの冷やし中華と、麦茶。なんだか、夏休みに田舎の親戚のうちに遊びに来た、夏休みの子供のような気分だった。

f:id:charlie22:20170723115301j:plain

昼食後、解散となった。結局、釣り体験というより、リノベーション古民家でのんびり過ごす休日になってしまったが、それはそれで楽しかった。

釣りの実践は、また次の機会に。でも、9月末で漁期が終わるから、そうのんびりとしていられないな……

『忘れられた巨人』(カズオ・イシグロ)

カズオ・イシグロは、好きな作家だ。

でも好きだからこそ、読めないという現象が起きる。読み始めた後、読み終わるのが寂しいから、ちびちび読むというのは誰でもあると思うが、それを通り越して、そもそも読み始めるのがもったいないというアホな境地。この作品も、出版前からすごく期待していたのに、読み始めるまで2年もかかってしまった。

f:id:charlie22:20170717112109j:plain

しかし、待った甲斐(?)はあった。ドラゴンやオークが跋扈する中世のイギリスが舞台ということで、ジャンルとしてはファンタジー小説になるのか。ただ、怪物などの「ファンタジー要素」はあくまでも脇役で、あっさりと描写されている。登場人物の過去が徐々に明らかになる叙述は、どちらかというとミステリー小説のようだった。物語の視点が変わるたびに、謎が明らかになっていく。面白かった。

クライマックスは、黒澤明の映画のよう。やがて最後の謎が明かされて、この世界全体の構図がぱーっと明らかになる。わかりやすく、考えさせられるメッセージ。これは、エンターテインメント作品だなぁ。

しかし、「カズオ・イシグロ」らしさが凝縮されていたのは、その後のエピローグだった。なかなか強烈だった。この後味の悪さ、感情が乱される読後感が、良いのだな。

読んでいるとき、ブリトン的な風景が見えそうな山に登ったので、この本を持って行った。結構、イメージどおりの写真が撮れたと思う。

危険に満ちた道を行く、旅人の気分で。

f:id:charlie22:20170717123513j:plain

 

「山本二三」展

f:id:charlie22:20170716165504j:plain

7月16日。

買い物をしようと、車を飛ばして松本に向かった。山から下りてきて、街に入ると、なんだかいつもよりも人が多い。通りのあちこちに人だかりができている。

満車寸前の駐車場に車を停めて、街を歩き出すと、人だかりの原因がわかった。大道芸のパフォーマーだ。あちらこちらで、芸を披露している。どうやら、街全体で大道芸のイベントを開いているらしい。

ただ、残念ながら、自分はあまり大道芸に興味が持てないのだった。歓声を上げる人たちの横を通り過ぎて、買い物に向かう。

用事を済ませて、昼飯を食べようと思ったが、知っている食べ物屋さんはどこも観光客でいっぱいで、混み合っていた。あまり松本のお店を知らないので、行き場を失う。曇り空が晴れて、夏の日差しが降り注いできた。暑すぎて、道を歩いているだけで生命力が消耗する。

繁華街から外れれば、人も少ないかもしれない。少し歩いて、前に一度訪問した「想雲堂」に行ってみた。やはり、空いていた。冷たい飲み物を飲んでいる家族連れが一組だけ。カウンターに座って、唯一の食事メニューである、スリランカカレーを注文。うん、美味しい。家族連れはすぐに出て行ったので、客は自分一人きりになった。

前回ここに来たとき、カズオ・イシグロの「忘れられた巨人」の古本を購入したのだった。半年ほど積んでいたのを、そろそろ読もうと思って今日持ち出してきたのだが、まさか買った店で読むことになるとは思わなかった。アイスコーヒーを飲みながら、ゆっくり1時間ほど読書。

f:id:charlie22:20170716142725j:plain

店を出ると、午後3時頃だった。帰ろうかとも思ったが、街中で見かけた展覧会のポスターが気になっていた。少し日が陰って涼しくなっていたので、松本市美術館まで歩くことにした。

 

企画展「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」。昨日から始まったばかりらしい。それほど興味がなかったので迷ったが、出てきた人が満足げな様子だったので、入ってみることにした。

山本二三さんは、アニメーションの美術監督や背景画家として、宮崎駿などと組んで活躍してきた巨匠らしい。最初に展示されていたのが、「未来少年コナン」の背景画の原画だった。

見た見た!この絵、見たことある!の連続。当時のTV放送の画質では、ぼんやりとしか見えなかった背景が、鮮やかな絵として目の前にあった。意外と画面が小さくて、驚くほど精密に描き込まれている。後の作品になるほど書き込みの密度が高まり、「時をかける少女」では緻密さが極限に達して、虫眼鏡で見たくなるレベルだった(隣で鑑賞していたおばさんは、写真と勘違いしていた)。

アニメーションって、本当に「絵」で作られているんだなぁと、当たり前の事実をまざまざと実感したのだった。

夏到来

f:id:charlie22:20170714171838j:plain

厳しい冬を乗り越えて、体が寒さに順応したのを実感していたのだが……暑くなってくると、逆にそれがアダになった。6月になって気温が上がってくると、体がついていかない。完全に夏バテ。

夜の暑さでほとんど眠れず、ストレスのせいか胃酸過多が再発して、吐き気と下痢に悩まされた。薬を飲みつつ、意識してたくさん食べるようにしたら、なんとか復調してきた。やっと暑さにも慣れてきて、眠れるようになった。

しかし、夏を楽しもう!という気持ちがわいてこない。梅雨だというのにほとんど雨が降らず、鬼のように照りつける太陽にうんざりしている。山登りに行けば涼しかろうと思うが、ガシガシ登るにはパワーが不足している感じ。体力的にも精神的にも。まぁ、準備だけでもしておくか…

しばらく投稿をさぼっていたので、写真でここ数か月を振り返り。

 

f:id:charlie22:20170604170743j:plain

f:id:charlie22:20170604165656j:plain

6月4日、松本の老舗カフェ「まるも」を訪問。良い街に良いカフェ。松本に住むのも、良いなぁ…

 

f:id:charlie22:20170611122520j:plain

f:id:charlie22:20170619151312j:plain

6月11日。体調が悪い中、少しでも自然を見たいと思い、新潟県妙高市の笹ヶ峰高原までドライブした。まさに別天地。素晴らしく美しい場所だった。

 

f:id:charlie22:20170618101555j:plain

f:id:charlie22:20170618114931j:plain

6月18日。友達に誘われて草津の本白根山を2時間ほどトレッキング。天候はいまいちだったが、涼しいのはよかった(むしろ寒かった)。途中から濃霧になって、本気で道に迷いそうになった。

 

f:id:charlie22:20170709150322j:plain

f:id:charlie22:20170709165036j:plain

7月9日。暑いから高原でハイキングしよう!という企画で、群馬の奥地にある野反湖(のぞりこ)へ。恐ろしく山奥にあるダム湖なのだが、トレイルがきちんと整備されていて、景色も良く、ハイキングには最高の場所だった。ただ、この日はめちゃめちゃ暑くて参った。標高1500mなのに。

湯ノ丸山〜烏帽子岳

太郎山に登った翌日の4月23日。勢いで、湯ノ丸山を目指したのだが……

f:id:charlie22:20170423110343j:plain

この有様。場所によっては50cmくらいの残雪が残っていた。アイゼンを持ってこなかったので、とても登れず。あきらめて撤退した。

今年は、例年よりも残雪が多いらしい。他の山でもそういう話を聞いたから、長野県全体がそうなのかも。

5月に入ると、上田市内から見える烏帽子岳の山頂付近も雪がなくなった。

そして今朝。早朝は山の方に雲がかかっていたが、10時近くになると晴れてきた。急遽、ザックに荷物を詰め込んで、車で山に向かう。

f:id:charlie22:20170514104641j:plain

この通り。すっかり雪がなくなった。ただ、森の様相は春を通り越して初夏になっていた。春らしい花がまったく見られず、残念。

今まで烏帽子岳に登ったときは、湯ノ丸山を迂回したが、今回は登ってみた(上の写真で正面に見える丸い山)。予想していたとおり、なかなかの急登だった。

f:id:charlie22:20170514112016j:plain

大した距離ではなかったが、運動不足の体にはしんどかった。疲れて何度か立ち止まってしまった。

f:id:charlie22:20170514113715j:plain

登山口から1時間で登頂。

f:id:charlie22:20170514114212j:plain

火山岩に覆われた丸い山頂は見晴らしがよく、気持ちよかった。吹き渡る風は、寒いくらいだった。

f:id:charlie22:20170514114509j:plain

正面に見えるのが、烏帽子岳の山頂。余力があったので、連続で登ることにした。

 

急な下り道を降りて、また登り返す。登り始めたとたん、脚が重い……。予想外に疲労がきていて、きつい。トレッキングポールを取り出して、這うように登る。湯ノ丸山から1時間半かかって、烏帽子岳に登頂。

f:id:charlie22:20170514125934j:plain

f:id:charlie22:20170514130047j:plain

東の方は雲海っぽくなっていた。正面奥に見えるのが、たぶん根子岳。来週にでも登ろうかと考えていたのだけど、まだかなり残雪があるように見えた。

f:id:charlie22:20170514130751j:plain

賞味期限切れのシーフードヌードルが家にあったので、持ってきた。今回はガスコンロを持参せず、最近購入したモンベルの「アルパインサーモボトル」でお湯を持ってきたのだけど、普通にラーメンを作ることができた。今後は、これで十分だな。

中途半端な時間だったせいか、山頂には誰もおらず、自分一人だった。カップラーメンを食べている間も、誰も来なかった。静かすぎて、ちょっと怖い。人がいないと、山はこんなに静かなんだな。

東からわいている雲が気がかりだったので(天気予報では雷注意報が出ていた)、さっさと下山することにした。

キャンプ場の近くまで降りてきて、「そういえば、クマ注意の看板が出ていたのはこのあたりだったな。クマ怖ええな。」とか考えているそのときに、突然、前方の笹藪からガサガサと音がして、何かが飛び出してきた。

心臓が止まるかと思ったが、飛び出してきたのは大きな鳥だった。キジのようだが、色が違う。頭から首までが赤みがかった茶色で、背中が斑入りの灰色だった。一瞬のことで写真を撮る暇もなく、また藪に飛び込んで消えてしまった。

調べてみると、どうやら「ヤマドリ」の一種らしい。珍しい鳥のようだ。

f:id:charlie22:20170514145116j:plain

ヤマドリと出会った笹藪。

今回は目を惹かれる草花や昆虫と出会えなかったのだけど、最後に珍しい動物に出会えて、ラッキーだった(ツキノワグマじゃなくてよかった)。

春の山

この地にも、ようやく春がやってきた。

川を泳いでいたマガモの群れが去り、ツバメがやってきた。桜が咲き、すぐに散り始めた。いつも仰ぎ見ている浅間連峰の山々も、だいぶ雪が減ってきた。よく見える烏帽子岳の山頂付近は、ほとんど雪がなくなった。そろそろ、登れるかな。

4月22日。山の山頂でだけ開店するレアな古本屋が、上田市の太郎山で開店するというので、急遽行ってみることにした。太郎山は、上田市民に親しまれている市民の山らしいが、自分は初めて登る。上信越自動車道の太郎山トンネルはしょっちゅう通っているのだけど。調べてみると駐車場がないようなので、バイクで出撃することに。

天気は快晴。日差しが暑いくらいだったが、バイクで走ると寒い!登山口に着くまでに、体がすっかり冷えてしまった。表参道登山口にバイクを停めて、登り始めた。

こちらのルートは、登り口からいきなり急登が続く。ひたすら、淡々と登り続ける。お昼までに山頂に着かなくてはならなかったので、気合いを入れて歩いた。冷えていた体も、あっという間に汗だく。

登山道のあちこちに、可愛らしい紫色の花が咲いていた。

f:id:charlie22:20170422105810j:plain

調べてみると、ツボスミレの一種らしい。

ほぼ休まず歩いて、1時間ちょいで山頂に到着。

f:id:charlie22:20170422114739j:plain

あった。山の上の古本屋。

f:id:charlie22:20170422114825j:plain

soma-books.com

なかなか良い本が揃っている。ポカポカとした日差しの下、しばらく本を読ませてもらった。欲しい本が何冊もあり、迷った末に、クラフト・エヴィング商会の『犬』と、スウェン・ヘディンの『さまよえる湖』を購入。

帰りは、「裏参道」を下って帰った。こちらのルートは、比較的傾斜の緩い林道が続く。あまり眺望はないが、色々な鳥の声が聞こえて、自然を感じられる道だった。

道の外れにカタクリの花を見つけた。

f:id:charlie22:20170422130600j:plain

この谷間にはかつて鉱山があり、集落もあったという。今は、鉱山の跡と伝えられる穴ぼこが谷の向こう側に開いているだけ。

林道を下まで降りると、きれいな沢が流れている。林道の脇の、斜面から湧き水がしみ出しているところで、おばさんが山菜を採っていた。ただの草にしか見えなかったが、聞いてみると、おひたしにして食べるという。草の名前を聞いたものの、忘れてしまった。

15分ほど歩いて、表参道の登山口に戻った。いい感じの山歩きだった。

雪の上高地

3月20日、友達に誘われて、雪の上高地を歩いた。

前日、乗鞍高原温泉の宿「雷鳥」へ。

f:id:charlie22:20170320074602j:plain

古い旅館をリフォームしたゲストハウス風の自炊宿。我々は3人で個室に泊まったが、ドミトリーもあり、一人でも気楽に泊まれそうだ。建物のつくりや設備は古いが、トイレ以外の共用部分はキレイにリフォームされていた。源泉掛け流しの温泉は、木をふんだんに使った内装が心地よく、お湯の質もかなり良かった。

f:id:charlie22:20170319195550j:plain

3月下旬でも夜は氷点下に冷え込む。薪ストーブ最高。

 

翌朝、宿の人に車で釜トンネルまで送ってもらう(ここまで送迎6000円)。この釜トンネル、冬期は全面通行止めになるが、歩行者は通行が許可されている(自転車も可、らしい)。ここを1時間ちょい歩くと、上高地に入ることができる。

f:id:charlie22:20170320092004j:plain

トンネル内の照明が落とされて真っ暗な上に、吹き込んだ雪や湧水が凍っている箇所があるので、ふらふら歩いていると危ない。ときおり工事車両も通る。ヘッドランプは必携。

トンネルを抜けると、焼岳が見えてくる。

f:id:charlie22:20170320100532j:plain

 

きたー。大正池

f:id:charlie22:20170320102524j:plain

 

森の中を歩く。

f:id:charlie22:20170320110804j:plain

積雪は1mを超えていたが、気温がずんずん上がり、10℃を超えるくらいだったので、雪がしまって歩きやすかった。宿でレンタルのスノーシューを借りてきたのだけど、全然いらなかった。チェーンスパイクだけで十分だった。

 

怪しい足跡を発見。

f:id:charlie22:20170320111406j:plain

小さいけど、ツキノワグマの足跡か?

 

f:id:charlie22:20170320105801j:plain

大正池の近くでテントを張っている人がたくさんいた。気持ちよさそうだけど、いいのか?

 

f:id:charlie22:20170320120049j:plain

 穂高連峰。天気が良すぎて山が白飛びしてしまう。

 

f:id:charlie22:20170320120728j:plain

河童橋に到着。ここまで約3時間半。

橋のたもとで昼飯。あちこちに人がいて賑わっていたが、前日よりは少なかったらしい。連休最終日だからだろうか。食後、すぐに帰途についた。

f:id:charlie22:20170320134020j:plain

f:id:charlie22:20170320134701j:plain

 

冬の上高地に、こんなに簡単に来られるとは知らなかった。知っていても、1人だったら、来ようとは思わなかっただろうなぁ。友達に感謝。