読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯ノ丸山〜烏帽子岳

太郎山に登った翌日の4月23日。勢いで、湯ノ丸山を目指したのだが……

f:id:charlie22:20170423110343j:plain

この有様。場所によっては50cmくらいの残雪が残っていた。アイゼンを持ってこなかったので、とても登れず。あきらめて撤退した。

今年は、例年よりも残雪が多いらしい。他の山でもそういう話を聞いたから、長野県全体がそうなのかも。

5月に入ると、上田市内から見える烏帽子岳の山頂付近も雪がなくなった。

そして今朝。早朝は山の方に雲がかかっていたが、10時近くになると晴れてきた。急遽、ザックに荷物を詰め込んで、車で山に向かう。

f:id:charlie22:20170514104641j:plain

この通り。すっかり雪がなくなった。ただ、森の様相は春を通り越して初夏になっていた。春らしい花がまったく見られず、残念。

今まで烏帽子岳に登ったときは、湯ノ丸山を迂回したが、今回は登ってみた(上の写真で正面に見える丸い山)。予想していたとおり、なかなかの急登だった。

f:id:charlie22:20170514112016j:plain

大した距離ではなかったが、運動不足の体にはしんどかった。疲れて何度か立ち止まってしまった。

f:id:charlie22:20170514113715j:plain

登山口から1時間で登頂。

f:id:charlie22:20170514114212j:plain

火山岩に覆われた丸い山頂は見晴らしがよく、気持ちよかった。吹き渡る風は、寒いくらいだった。

f:id:charlie22:20170514114509j:plain

正面に見えるのが、烏帽子岳の山頂。余力があったので、連続で登ることにした。

 

急な下り道を降りて、また登り返す。登り始めたとたん、脚が重い……。予想外に疲労がきていて、きつい。トレッキングポールを取り出して、這うように登る。湯ノ丸山から1時間半かかって、烏帽子岳に登頂。

f:id:charlie22:20170514125934j:plain

f:id:charlie22:20170514130047j:plain

東の方は雲海っぽくなっていた。正面奥に見えるのが、たぶん根子岳。来週にでも登ろうかと考えていたのだけど、まだかなり残雪があるように見えた。

f:id:charlie22:20170514130751j:plain

賞味期限切れのシーフードヌードルが家にあったので、持ってきた。今回はガスコンロを持参せず、最近購入したモンベルの「アルパインサーモボトル」でお湯を持ってきたのだけど、普通にラーメンを作ることができた。今後は、これで十分だな。

中途半端な時間だったせいか、山頂には誰もおらず、自分一人だった。カップラーメンを食べている間も、誰も来なかった。静かすぎて、ちょっと怖い。人がいないと、山はこんなに静かなんだな。

東からわいている雲が気がかりだったので(天気予報では雷注意報が出ていた)、さっさと下山することにした。

キャンプ場の近くまで降りてきて、「そういえば、クマ注意の看板が出ていたのはこのあたりだったな。クマ怖ええな。」とか考えているそのときに、突然、前方の笹藪からガサガサと音がして、何かが飛び出してきた。

心臓が止まるかと思ったが、飛び出してきたのは大きな鳥だった。キジのようだが、色が違う。頭から首までが赤みがかった茶色で、背中が斑入りの灰色だった。一瞬のことで写真を撮る暇もなく、また藪に飛び込んで消えてしまった。

調べてみると、どうやら「ヤマドリ」の一種らしい。珍しい鳥のようだ。

f:id:charlie22:20170514145116j:plain

ヤマドリと出会った笹藪。

今回は目を惹かれる草花や昆虫と出会えなかったのだけど、最後に珍しい動物に出会えて、ラッキーだった(ツキノワグマじゃなくてよかった)。

春の山

この地にも、ようやく春がやってきた。

川を泳いでいたマガモの群れが去り、ツバメがやってきた。桜が咲き、すぐに散り始めた。いつも仰ぎ見ている浅間連峰の山々も、だいぶ雪が減ってきた。よく見える烏帽子岳の山頂付近は、ほとんど雪がなくなった。そろそろ、登れるかな。

4月22日。山の山頂でだけ開店するレアな古本屋が、上田市の太郎山で開店するというので、急遽行ってみることにした。太郎山は、上田市民に親しまれている市民の山らしいが、自分は初めて登る。上信越自動車道の太郎山トンネルはしょっちゅう通っているのだけど。調べてみると駐車場がないようなので、バイクで出撃することに。

天気は快晴。日差しが暑いくらいだったが、バイクで走ると寒い!登山口に着くまでに、体がすっかり冷えてしまった。表参道登山口にバイクを停めて、登り始めた。

こちらのルートは、登り口からいきなり急登が続く。ひたすら、淡々と登り続ける。お昼までに山頂に着かなくてはならなかったので、気合いを入れて歩いた。冷えていた体も、あっという間に汗だく。

登山道のあちこちに、可愛らしい紫色の花が咲いていた。

f:id:charlie22:20170422105810j:plain

調べてみると、ツボスミレの一種らしい。

ほぼ休まず歩いて、1時間ちょいで山頂に到着。

f:id:charlie22:20170422114739j:plain

あった。山の上の古本屋。

f:id:charlie22:20170422114825j:plain

soma-books.com

なかなか良い本が揃っている。ポカポカとした日差しの下、しばらく本を読ませてもらった。欲しい本が何冊もあり、迷った末に、クラフト・エヴィング商会の『犬』と、スウェン・ヘディンの『さまよえる湖』を購入。

帰りは、「裏参道」を下って帰った。こちらのルートは、比較的傾斜の緩い林道が続く。あまり眺望はないが、色々な鳥の声が聞こえて、自然を感じられる道だった。

道の外れにカタクリの花を見つけた。

f:id:charlie22:20170422130600j:plain

この谷間にはかつて鉱山があり、集落もあったという。今は、鉱山の跡と伝えられる穴ぼこが谷の向こう側に開いているだけ。

林道を下まで降りると、きれいな沢が流れている。林道の脇の、斜面から湧き水がしみ出しているところで、おばさんが山菜を採っていた。ただの草にしか見えなかったが、聞いてみると、おひたしにして食べるという。草の名前を聞いたものの、忘れてしまった。

15分ほど歩いて、表参道の登山口に戻った。いい感じの山歩きだった。

雪の上高地

3月20日、友達に誘われて、雪の上高地を歩いた。

前日、乗鞍高原温泉の宿「雷鳥」へ。

f:id:charlie22:20170320074602j:plain

古い旅館をリフォームしたゲストハウス風の自炊宿。我々は3人で個室に泊まったが、ドミトリーもあり、一人でも気楽に泊まれそうだ。建物のつくりや設備は古いが、トイレ以外の共用部分はキレイにリフォームされていた。源泉掛け流しの温泉は、木をふんだんに使った内装が心地よく、お湯の質もかなり良かった。

f:id:charlie22:20170319195550j:plain

3月下旬でも夜は氷点下に冷え込む。薪ストーブ最高。

 

翌朝、宿の人に車で釜トンネルまで送ってもらう(ここまで送迎6000円)。この釜トンネル、冬期は全面通行止めになるが、歩行者は通行が許可されている(自転車も可、らしい)。ここを1時間ちょい歩くと、上高地に入ることができる。

f:id:charlie22:20170320092004j:plain

トンネル内の照明が落とされて真っ暗な上に、吹き込んだ雪や湧水が凍っている箇所があるので、ふらふら歩いていると危ない。ときおり工事車両も通る。ヘッドランプは必携。

トンネルを抜けると、焼岳が見えてくる。

f:id:charlie22:20170320100532j:plain

 

きたー。大正池

f:id:charlie22:20170320102524j:plain

 

森の中を歩く。

f:id:charlie22:20170320110804j:plain

積雪は1mを超えていたが、気温がずんずん上がり、10℃を超えるくらいだったので、雪がしまって歩きやすかった。宿でレンタルのスノーシューを借りてきたのだけど、全然いらなかった。チェーンスパイクだけで十分だった。

 

怪しい足跡を発見。

f:id:charlie22:20170320111406j:plain

小さいけど、ツキノワグマの足跡か?

 

f:id:charlie22:20170320105801j:plain

大正池の近くでテントを張っている人がたくさんいた。気持ちよさそうだけど、いいのか?

 

f:id:charlie22:20170320120049j:plain

 穂高連峰。天気が良すぎて山が白飛びしてしまう。

 

f:id:charlie22:20170320120728j:plain

河童橋に到着。ここまで約3時間半。

橋のたもとで昼飯。あちこちに人がいて賑わっていたが、前日よりは少なかったらしい。連休最終日だからだろうか。食後、すぐに帰途についた。

f:id:charlie22:20170320134020j:plain

f:id:charlie22:20170320134701j:plain

 

冬の上高地に、こんなに簡単に来られるとは知らなかった。知っていても、1人だったら、来ようとは思わなかっただろうなぁ。友達に感謝。

スノーシュー体験

もう3月。日ごとに太陽が明るくなり、暖かさが増してくる今となって、雪まみれの記事を更新…

2/11〜12で、群馬県万座温泉に行ってきた。

軽井沢で友達と待ち合わせて、クルマに乗せてもらう。有料道路の費用節約という目的もあるが、なにより三菱アイの雪上走行能力が心許なかったので、同乗をお願いすることにした(その危惧は当たった)。

冠雪した浅間山の美しさを堪能しつつ、北に向かってドライブを続けていると、周辺の雪が深くなってきた。万座温泉の標高は1800m。万座ハイウェーに入ってしばらくすると、路面が圧雪路になった。路肩には数メートルの雪。

f:id:charlie22:20170212140637j:plain

それなりの斜度があり、カーブが連続する山岳路。アイでは厳しかったな。

友達のクルマはFFのスズキ・ソリオだったが、圧雪路を安定して走っていた。ただ、カーブで微妙にケツが流れる感覚があり、個人的には落ち着かなかった。運転していたのが雪道経験の豊富な人だったので不安はなかったものの、ちょっと気持ち悪くなった。

午後3時頃、万座に到着。軽井沢は快晴だったが、こちらは雪が降っていた。

時間があったので、かねてから興味があったスノーシューを試してみることにした。といっても、アレンジはすべて友達にお任せ…。万座プリンスホテルでレンタルのスノーシューを借り、着替えて、万座スキー場のリフトに乗って山の上へ。

どんな装備が必要なのかよくわからなかったのだが、靴だけは保温材入りのトレッキングシューズを用意しておいた。

webshop.montbell.jp

アウトレット品が安く手に入った。モンベル独自のソールは非常にグリップが良く、氷の上でもあまり滑らなかった。2時間ほど雪の上を歩いて、靴の中が冷たく感じることはなかったので、保温材も効いていたと思う。

ウェアは、手持ちの山装束を組み合わせて着てみた。暖かいインナーを着て、ダウンジャケット、ネックウォーマー、毛糸の帽子。濡れ防止のために、山用ズボンの上にレインウェアを重ねてみた(結果的には気温が低すぎて、ちっとも濡れなかった)。

レンタルのスノーシューは、靴を固定する部分とベース部分が別々に可動する、本格的なものだった。

f:id:charlie22:20170303111523j:plain

茶色のストラップでかかとを固定し、黒いストラップで甲を締め付ける。慣れると簡単。

 

f:id:charlie22:20170211155106j:plain

山の上は、白一色の世界だった。そのうち雪も降ってきて、左を見ても右を見ても、上を見ても下を見ても、白、白、白。

f:id:charlie22:20170211161004j:plain

安全なスキー場だからいいけど、これが深い山の中だったら、かなり不安な気持ちになるだろうな。

スノーシューは幅広い面で体重を支えてくれる道具だが、降ったばかりの新雪だとこれだけ沈んでしまう。それなりに大変だ。

f:id:charlie22:20170211162505j:plain

もっとも、何も付けなければ膝上まで雪に埋まるだろう。

スキー場の急斜面は歩きづらかったので、林の中に入り込んで遊んでみた。

f:id:charlie22:20170304223944j:plain

楽しい。これが晴れていて、景色の良い山の中なら、もっと楽しいんだろうな。午後4時を過ぎ、スキー場の営業時間が終わってしまったので、引き上げた。

f:id:charlie22:20170304224215j:plain

気温マイナス15℃。友達に、まつげが凍っていると言われたが、まったく気付かなかった。写真を撮ってもらえばよかった。

夜は刺激の強い温泉と、友達との宴会を楽しんだ。そして翌朝。

f:id:charlie22:20170212103736j:plain

一晩でこれだけ積もり、クルマが埋まってしまった。氷点下のパウダースノーは、まるで発泡スチロールで作った舞台用の雪のように、さらさらしていた。ときおり日が差してくると、あたり一面が銀色に輝いて、目を開けていられないくらい眩しかった。

冬の山もいいなぁ。遭難しなければ……

年越し

例年どおり、2016〜2017年の年越しも実家で過ごした。

12/30に上田の友人宅にて、泊まりで忘年会。昼間はよく晴れて温かかったが、日が暮れるとたちまち氷点下に。ベランダに置いていたビールがギンギンに冷えた。翌31日、昼頃に自宅に戻り、荷造りして実家へ出発。

このところ天気が良く、気温も高かったので、和田峠も雪はないだろうと予想していたが、登っていくと5cmくらいの積雪が残っていた(ライブカメラでチェックすればよかった、ということに今気が付いた)。幸い路肩の雪は少なく、気温が上がって路上の残雪も消えていたので、いつもよりは気軽に通過できた。

高速道路は空いていて、快調に飛ばせた。三菱アイの小さなエンジンを結構な高回転で何時間も回し続けていると、大丈夫かなと心配になってくる。バイクのエンジンよりは耐久性あるから、大丈夫なんだろうけど。トランスミッションの方が痛むかもしれない。

途中で休憩と仮眠を取りながら、7時間半で到着。いつもより早いペースだった。

家族で年越し蕎麦を食べた後、テレビとTwitterを同時に見ながら、だらだら過ごす。そうやってだらだらぼんやり過ごしているうちに、年を越してしまった。特に感慨もなく、すぐ寝る。

 

朝起きると、すでに初日の出が終わっていた。空は薄曇り。朝早く起きていた母によると、日の出の一瞬だけ太陽が出てきて、たいそうキレイだったらしい。

家の座敷にて、おせち料理を食べる。姉と兄はおらず、自分と妹と両親だけの4人の正月。もう20年近く、これだなぁ。おせちも、いつもと変わらぬ母の自家製。後で運転させられそうな予感がしたので、酒は飲まず、お屠蘇をなめただけだった。

母と話していると、60年前に長野に旅行に行った話になり、どこからか写真を出してきた。この人は、本当に物持ちがよいし、物をよく整理している。自分が十代の頃のアルバムがすぐに出てくる。写真は当然モノクロ。しかし、この人は当時の絵はがきを大切に残していた。当時の若者の憧れだった、高原の風景。

f:id:charlie22:20170101105825j:plain

f:id:charlie22:20170101105259j:plain

f:id:charlie22:20170101105351j:plain

今は醜悪なホテルが建ち並んでいる白樺湖の湖畔は、昔はこんなだったんだな。さぞかし、気持ちの良い高原だったろうな。

道路が舗装されておらず、見るからに悪そうな道だ。この泥道をバスで登ってくるのは、大変だったろうな。

f:id:charlie22:20170101105216j:plain

地図に、1969年に廃線になった上田電鉄丸子線が描かれていた。

 

午後、姉の家族がやってきて、一緒に近くの神社に初詣に出かけた。この神社は近年、妙に人気があって、今年も参拝するのに15分ぐらい並んだ。いつも寒い思いをするのだが、長野の冬に慣れたのか、やけに温かく感じた。

f:id:charlie22:20170101161205j:plain

御神酒が飲めず、残念。いつもの交通安全御守りを買った。

 

翌2日、神戸に出かけて友達と会う。三宮の街は人でごった返していて、話ができる喫茶店を探すのに手間取った。結局、いつもの店に。

f:id:charlie22:20170102151832j:plain

ずいぶん長く話した。つい流されてしまう現状を打破するには思いきりのよい行動が必要だよね、みたいな話。コーヒーを飲み飽きて、駅前のバーに移動。ビールを2杯飲んで、お開き。

 

翌3日は、映画を観に行った。作品は、スターウォーズの外伝的作品『ローグワン』。予想外に面白くて楽しめたが、ストーリーの行く末を知っているぶん、気分的な盛り上がりに欠けた。でも、ラストシーンは意外性があって「おおっ!」と思った。

映画の後、いつも通っていたマリーナのカフェに行ってみた。安いチェーン店だが、だからこそ落ち着く。本を読み、ボケーッとした。

 

1/4朝、実家を出発。帰路の運転はいつも退屈でしんどい。疲れて危なかろうと思い、和田峠を通らず、更埴IC経由で上田に帰った。到着したときには、日が暮れていた。やれやれ。

年末へ…

だいぶ間が空いてしまった。こまごまと雑記。

 

11月20日。小布施の里山、雁田山に登った。結果的に、これが今年最後の山登り。

f:id:charlie22:20161120123545j:plain

この日は奇妙な天気で、標高わずか759mなのに、頂上から一面の雲海を眺めることができた。なかなか、風情のある山だった。

 

11月23日。真冬の花火大会、長野えびす講煙火大会を見に行った。

f:id:charlie22:20161123183658j:plain

気温は5℃以下。キンキンに冷えた夜空に打ち上がる花火は、なかなかに見事だった。ただ、2時間近くも冷たい地面の上にじっとしているのはつらい。周りの観客の中には、銀マットや毛布を敷いている人もいたが、たしかにあれは必要だ。

 

11月25日。当地に来て、初めての雪が降った。 

f:id:charlie22:20161125121614j:plain

抜かりなくクルマのタイヤを冬タイヤに換装し、雪かき用のスコップまで用意していたのだけど、これが地元の人も驚くほどの大雪。一晩で15cmほど積もり、道路も水っぽい雪で埋まった。

幸い、この日は気温が高く、午後には道路の雪は消えたが、どうしても2年前の冬の事故の記憶がよみがえる。リア・ミッドシップ・エンジンで後輪駆動の車は、雪道には向いていない。冬になるまでに4WDに乗り換えたいなと思いつつ、結局、冬に突入してしまった。あれから雪は降っていないが、またあの恐怖と戦わなきゃならないと思うとうんざりする。来年こそは、乗り換えよう。

 

11月30日、風邪を引く。しっかり38度まで熱が上がり、寝込んでしまった。今回は鼻とのどに来た。特に鼻水がひどく、1日でティッシュが2箱空になった。完全に回復するまで1週間かかった。

 

12月に入ると、本格的に寒くなった。朝の気温がマイナスになり、日中も5℃前後。天気の良い休日も、あまり出かける気にならない。

f:id:charlie22:20161218190430j:plain

 

そして今日、12月18日。いつもより温かい1日になるとの予報だったので、ちょっとバイクに乗るつもりだったが、なかなか気温が上がらないので諦めた。防寒具で寒さ対策をしても、路面が凍っていたらどうしようもない。キャブからガソリンを抜き、バッテリーを下ろした。春になるまで冬眠。

クルマでアウトレットまでドライブして、暖かいジーンズと、革のブーツを買った。

来週はクリスマスだ。そして年越し。あああ。

黒斑山

10月22日。歩きたかったので、また山に行くことにした。紅葉も気になるし。

ただ、先週わりとハードなハイキングをしたばかりなので、今回はイージーモードで登りたかった。うちから比較的近く、登山口から2時間で登頂できるということで、黒斑山(くろふやま)を選んだ。

天気予報は晴天だったので楽しみにしていたが、朝起きてみると曇り。山は霧に覆われている。朝の予報では、昼近くまで濃霧に注意とのことだった。

一気にテンションが下がって朝の時間をボケーッと過ごしてしまったが、一応行ってみるかと気を取り直して、急いで準備。遅くとも10時には登り始めないと。

クルマを走らせていると、だんだん霧が晴れて日が差してきた。いいぞ。

標高1973mの車坂峠に向けて、チェリーパークラインを登る。クネクネ道がうんざりするほどしつこく続く。ひたすら登り続けて、高峰高原ビジターセンターの駐車場にクルマを乗り入れた……が、停めるところがない!

時刻は10時。30台は停められそうな駐車場は、すでに満車だった。さすが紅葉シーズン。臨時駐車場とおぼしきスペースに1台分の空きを見つけて、なんとか停めることができた。9時には来ないとだめだな。

10時過ぎ、登り始め。

 

浅間山の火口から3kmも離れてない場所を登るので、登山口に火山情報が掲示されている。浅間山の現在の噴火警報レベルは「2」。現在、火口付近に近づくことはできない。

f:id:charlie22:20161022100757j:plain

空気は冷たいものの、風はなく、快適。そこそこ急な登りが続くが、先週の登りと比べればずっと楽に感じる。カラマツ?の黄葉が広がる。

f:id:charlie22:20161022104123j:plain

薄く広がる雲の向こうに、遠くの山々がよく見えた。

火山の近くということで、避難シェルター。浅間山が突然噴火したら、ここに逃げ込むのか。ちと狭そうだが。

f:id:charlie22:20161022111222j:plain

手前に積んであるケーブルは、工事用の資材。登山口に沿って延々とケーブルが続いていていた。なんと、携帯電話の基地局を山頂に設置するのだという。たしかに電波は微妙な場所だったが、これだけ自然豊かな場所に醜いケーブルが這っているのを見ると、必要か?と思ってしまう。

ややきつい階段状の登山道をしばらく登ると、突然視界が開けて、それまでの穏やかな森の風景が一変した。

f:id:charlie22:20161022112044j:plain

浅間山の山頂部分(前掛山)が間近に見えるこの場所は、外輪山の一部。カルデラを囲むように、そり立つ断崖が続いている。端っこの方は危険ながら、眺めは最高。

上の写真中央に写っている「トーミの頭」と呼ばれる崖に登り、遠くを見やると、遙か彼方に富士山が見えた。

f:id:charlie22:20161022113457j:plain

下を見れば、この通り。カルデラの底の草原を歩く登山者が豆粒に見える。下から崖上まで続く道があるようだが、ものすごい急坂で、登るのも降りるのも大変らしい。

f:id:charlie22:20161022113939j:plain

この場所から10分ほど歩くと、黒斑山の山頂に到着。狭い山頂は人でごった返していた。

f:id:charlie22:20161022115815j:plain

お昼のおにぎりを食べようと思ったが、人が多すぎて居場所がない。そこでふと、ガイドブックに「山頂直下に小さなテラスがある」と書いてあったのを思い出し、下を覗いてみると、すぐ下の崖の途中に幅1mほどの平地があり、獣道で登山道とつながっていた。草をかき分けて降りてみると、眺望を独り占めできる特等席だった。

f:id:charlie22:20161022121815j:plain

崖から足をぶらぶら。

風景が広すぎてカメラの画角に入らなかったので、何枚か撮った写真をGoogle Photoで合成してパノラマ写真にしてみた。

f:id:charlie22:20161022115642j:plain

火山の景観は雄大だ。

 

下山後、高峰高原ビジターセンターのカフェで一息入れた。登山口のお店にしては、キレイで、なかなかおしゃれなカフェだった。もう少し来やすい場所にあったら、愛用するのになぁ。

https://www.instagram.com/p/BL2jgNTB2A9/